石榴舎ブログ 『俳句は自伝』 |                      by Toyokazu Suzuki

補陀落の海  −角川源義−

 昭和35年、角川書店入社の折、社長室での最終面接で源義社長から入社目的を問われ、「俳句」編集担当を希望した。「好きな俳人はだれか」と聞かれ、「飯田龍太です」と即答した。「龍太かあ、蛇笏もいいぞ、君もそのうちよさがわかるよ」。

 源義は蛇笏の遺徳を敬慕し、昭和42年、俳句界最高の栄誉として、蛇笏賞を設定した。

 入社の年の2月25日、源義はエッセイ「姨捨の海」を毎日新聞に発表。11月6日、第2回「河」全国大会を大阪で開き、その後、「河」の人々と紀伊田辺より新宮まで、熊野古道を歩くことになった。入社直後の私は金の用意がなく不参加のつもりだったが、源義は「たてかえてやるから、ぜひ行きなさい。こんな機会はない」と、即座にポケットから3万円を貸してくれた。九十九王子をバスで、瀞八丁をプロペラ船で周遊した。後年、社長室へひとり呼ばれ、黒板いっぱいに広げた古図、熊野曼陀羅を見せられた。「ここに小さな舟が見えるだろう、これが補陀落渡海の僧だよ。西方の落日に向かって漕いでゆくのだ、熊野の海にも山にも浄土があったのだ」と、嬉々として説明してくれる。こういった源義とのやりとりから『日本民俗誌大系全十二巻』の企画が生まれた。この大系刊行途中、突然「俳句」の編集担当を命じられた。14年を経て、入社当時の目的がやっとかなえられた。

 昭和50年の蛇笏賞は、石川桂郎。授賞式は6月、市ヶ谷の私学会館で行われた。記念講演の源義は、食道癌の桂郎の俳句について、持ち時間をはるかに超過し、いっこうに終わる気配がなかった。私は、早くまとめるようにと記した紙片を二度、源義に渡した。このとき、源義も肝臓癌の末期であったが、病名は伏せられていた。鬼気せまる熱弁だった。
 この授賞式から4か月後、源義、桂郎ともに鬼籍のひととなる。

 昭和50年10月19日(日)夜、入院中の源義から自宅あてに電話がかかってきた。かぼそく消えいらんばかりの声だった。「君の好きな篠原梵が亡くなったね。「俳句」の見本はいつできるかね」「明日、できる予定ですので、病室へお届けします」。
 翌日、病室へ「俳句」11月号を持参した。巻頭に源義の「三番日記」30句を掲載。初めての巻頭作品を、しきりに指さきでなぞっていた。 

(「月刊俳句界10月号(平28)」 文學の森 掲載)

小平霊園1111111111111111111111111111111
霊園にしるべのえごの花散れり     赤榴子


asukamura161218.jpg
昭和42年2月、奈良県・天武持統合葬陵

Category : 角川源義
Posted by sekiryusha on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sekiryusha.blog28.fc2.com/tb.php/80-94c6ba63
該当の記事は見つかりませんでした。