石榴舎ブログ 『俳句は自伝』 |                      by Toyokazu Suzuki

作句へのヒント −俳人名言抄− (4)



西東三鬼 (1900年-1962年)

異様なことを詠はねばならぬ事はない。且て私は「俳句は生命記録だ」と云つた。平凡と思える日常生活の断片が、決して平凡でないのは、作者の生命の火が燃えてゐるからだ。ぼんやりしていては駄目だ。
(鈴木豊一編『西東三鬼読本』)


関連記事

Posted by sekiryusha on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sekiryusha.blog28.fc2.com/tb.php/75-bd1c1f9f
該当の記事は見つかりませんでした。